国民健康保険料 お悩み相談室 平成21年9月18日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成21年)の情報をお伝えします。


2009年09月18日

国民健康保険料 お悩み相談室 平成21年9月18日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みを
2000人以上お答えしてきました。

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。

 

かおり さん
 



ペンネーム かおり さん 28歳
2633人目のお問い合わせ


国民健康保険料の状況 : 毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人): 毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者): 毎月支払っています。
仕事の状況:会社員として勤務
家庭の状況:妻と子を養ってます。


国民健康保険のお悩み :

堀井様

税金についてわからない事だらけ
なのでどうぞよろしくお願いします。

主人と私と子どもの3人家族です。
主人と私は国保の加入者です。

私は去年の12月で会社を退職
(勤めていたときも国保加入)し、
今は働いておりません。

3月には子どもも産まれました。

月の国保の納付額が、
45000円(第一期のみ51800円)で、

年の納付額が366800円です。
もらっている給料がそんなに
多いわけでもないのに、

毎月こんなにとられるときついです。
どうにか減らせないでしょうか?

(私は今年の5月から8月まで390560円
の雇用保険を受給していました。
これも収入になるのでしょうか?)

あと、今年の11月くらいに私が
個人事業を立ち上げようかと思っております。

それによっても金額は変わるのでしょうか。
時期をずらしたほうがよいのでしょうか?
長くなりましたがどうぞよろしくお願いいたします。


回答

国民健康保険料をどうにか、
減らせないかという思いの中、

私のホームページをご覧なり、
お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。

文章を拝見し、
とても礼儀正しい人と
感じました。


大変申し訳ございません。


節約に関して、お力になれないことは、
国民健康保険料の節約を考える会の
ホームページのとおりです。

その他、ご質問について
お答えします。

雇用保険よる失業手当は、
収入ですが、所得税や住民税の計算する上では、
非課税の収入としてあつかわれます。

従って、来年の国民健康保険料を
計算する際も、同様に影響を受けない
ことになります。

今年の状況が、来年の国民健康保険料の
計算に影響します。

従って、かおりさまが、
現在、起業することによって、
今年の国民健康保険料には、
なんら影響しないことを
ご理解頂きたいと存じます。


余談です。

私はも勤務していたとき
そんなに給与は、多くありませんが、
毎月給与から1万円〜2万円の健康保険料が
天引きされていました。

×2をすると
2万円〜4万円が会社が
保険料を支払っていたことと
存じます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2009-2010  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別