国民健康保険料 お悩み相談室 平成21年12月21日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成21年)の情報をお伝えします。


2009年12月21日

国民健康保険料 お悩み相談室 平成21年12月21日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みを
2000人以上お答えしてきました。

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 2名です。



(48歳) マケナイ
 

(49歳) HIRO さん
 



ペンネーム マケナイ さん 48歳
からメールをいただきました。

2690人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況 : 毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人):毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者):毎月支払っています。
仕事の状況:法人経営者
家庭の状況:配偶者は扶養から外れてます。


国民健康保険のお悩み :

はじめまして。
相談者(税負担者)の妻です。
夫の立場でご相談いたします。

有限会社を
妻を従業員にして給与を支払っています。
他に従業人はおりません。

国民健康保険税の上限額と
2人分の年金で
年103万を納めています。

田舎の両親と大学生2人を
扶養し教育ローンを借りて家計は火の車です。

負担の大きい税金が安くなれば
雪だるま式に増えている
教育ローンに歯止めをかけられます。

よろしくお願いいたします。


回答

現在の国民健康保険の状況をはじめ
心境をお聞かせて頂き、
ありがとうこざいます。


私が、主にお伝えする手法は、
奥様の給与の年額が

130万円未満のとき
節約の効果を大いに発揮します。


また、仮に、超えていたとしても、
本年、扶養家族として認められる、

年間130万円未満に
調整できる可能性があれば、


今月からでも、国民健康保険料の大幅な
節約が可能になりますね。


ただし、私のお伝えする手法は、
主に個人事業主の方を対象にしているため、

法人経営者の場合、
条件を満たせないケースも
あることをご了承ください。


既に、国民健康保険の無料電話相談の
ご案内メールをお送りしております。

ご希望であれば、15人の成功例(無料)を
ご覧になって頂きたいと存じます。

ご相談、ありがとうございます。






ペンネーム HIRO さん 49歳
からメールをいただきました。

2691人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況 : 毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人):毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者):毎月支払っています。
仕事の状況:個人の事業主です。
家庭の状況:配偶者は扶養から外れています。


国民健康保険のお悩み :

毎年、私1人なのに
高額の国民健康保険料を
支払しています。

もし節約できたら、
仕入の支払等にまわしたいです


回答

お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。

文面を拝見したところ
奥様は、他の保険証を
お持ちと推測しました。

毎月の負担を節約効果は、
月2万円程度と思われますが、

この金額が、HIROさん
にとって、魅力ある金額かどうかは、
HIROさん次第ですね。


既に、国民健康保険の無料電話相談の
ご案内メールをお送りしております。

ご希望であれば、15人の成功例(無料)を
ご覧になって頂きたいと存じます。

ご相談、ありがとうございます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2009-2010  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別