国民健康保険料 お悩み相談室 平成21年12月23日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成21年)の情報をお伝えします。


2009年12月23日

国民健康保険料 お悩み相談室 平成21年12月23日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みを
2000人以上お答えしてきました。

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


回答が、たいへん
おそくなりましたことを
お詫び申しあげます。



本日は、つぎの 1名です。


(26歳) chib さん
 
 



ペンネーム chibi さん 26歳
2692人目のお問い合わせ


国民健康保険料の状況 : 支払いができず滞納中です。
国民年金の状況(ご本人): 免除を受けています。
国民年金の状況(配偶者): 配偶者は、いません。
仕事の状況: 業務委託契約で仕事してます。
家庭の状況: 独身です。


国民健康保険のお悩み :

初めまして。

分らない事が多く、
無知な質問ですが宜しくお願いします。

今月より委託契約で
事務の仕事を始めました。

月収が20万円と決まっており、
会社へ行って働いています。

今までは父の扶養に入っており、
保険料は払っていません。

来年からは扶養を
外れる金額になるのではと思い、

国民健康保険に加入しなければ
いけないと思うのですが、
タイミングがわかりません。

年収がいくらになるかも委託契約なので、
はっきりとは言えないので、
どの時点で加入するべきなのでしょうか?
宜しくお願いします。


回答

改めまして、
回答が、たいへん

おそくなりましたことを
お詫び申しあげます。

ご質問いただいた内容ですが、

前提になる条件が、
明確でハッキリとしにい条件の場合、

答えも、明確でない
ハッキリしない回答になります。

これは、扶養家族に該当するのか
しないのか?と判断する人にも
同様のことが言えます。

判断を相手任せてしまう場合は、
相手次第ですね。

ひたすら、待つという
感じです。

ただし、過去にさかのぼって、
○年○月○日から、扶養からはずれて
くださいという回答も可能性として
ありますので、そのことを心に
留めておく必要がありますね。



さて、chib さんが
今日から、経済的に自立する。

だから、健康保険は、
国民健康保険の制度で
自分で加入するぞっ。

と決めたならば、
話しは、別ですね。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2009-2010  AkihikoHorii 無断で転載、引用を固く禁じます。

堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別