国民健康保険料 お悩み相談室 平成22年5月26日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成22年)の情報をお伝えします。


2010年05月26日

国民健康保険料 お悩み相談室 平成22年5月26日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みを
2000人以上お答えしてきました。

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。

 
みかりん さん
 



ペンネーム みかりん さん 43歳
からメールをいただきました。

2754人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況:毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人):払っていません。
国民年金の状況(配偶者):払っていません。
仕事の状況:個人の事業主です。
家庭の状況:妻と子を養ってます。


国民健康保険のお悩み :

2005〜2008年迄
主人の年収500万〜600万円
でしたが、

2009年から激減し
毎回国民健康保険料6〜7万
本来なら支払わなければならない所、

現在収入300万程に
なって分割払い中。

情けも情も無い役場からの
請求に困り果て、もっと高収入な
仕事に戻っても、又、
高額な住民税や保険料になればと 
思い悩んでいます。

何かいい方法は有りますか?

今迄の滞納分は絶対に支払わなければ
いけないですよね?

その為に、又、
前の様に500万以上の収入になる様に
職に戻れば、又、多額な税を払う事に
なりますよね?

税金の借金フリーになって 
年収が600万程になっても
低価格な税金で暮らせる方法は
有るんでしょうか?


回答

日本に住みたいと思うのであれば、
納税することを前提に、
お考え頂きたいと存じます。


収入が激減したときに
国民健康保険の制度として、

減額申請や延納などの
救済措置は、準備されていますので、

役所の人が、聞かれると
残念なメッセージかも知れませんね。

たくさんの不満があるのであれば、
外国に移住することも、選択肢として、

検討することも、
ひとつの考え方ですね。


お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございました。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2010-2011  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別