国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成22年11月17日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成22年)の情報をお伝えします。


2010年11月17日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成22年11月17日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みを
5年間で、2500人以上お答えしてきました。

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 2名です。


(44歳) フラプラ さん

(40歳) たか さん





ペンネーム フラプラ さん 44歳
からメールをいただきました。

2811人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況:毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人): 毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者): 毎月支払っています。
仕事の状況:個人の事業主です。
家庭の状況:妻と子を養ってます。


国民健康保険のお悩み :

(国民健康保険の)保険料が

高すぎる支払いがきつい



回答

短い文章の中に現在のお気持ちが
凝縮されていますね。

まずは、おいそがしい中、
私のホームページをご覧になって

お悩みを聞かせていただき
ありがとうございます。



お聞かせ頂いた現状であれば
私が、主にお伝えし実施している、
手法を活用すれば、

国民健康保険料の節約は
十分可能と考えます。



既に、個別のご案内メールを
お送りいたしました。



詳しい話を聞いてみたいという
ご希望であれば、メールで
ご連絡いただきたいと存じます。


ご希望であれば、15人の成功例(無料)を
ご覧になって頂きたいと存じます。

ご相談、ありがとうございました。





ペンネーム たか さん 40歳
からメールをいただきました。

2812人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況 : 毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人):免除を受けています。
仕事の状況:会社員
家庭の状況:独身で、家族を扶養しています。


国民健康保険のお悩み :

年収はおよそ470万円で、
国民健康保険の支払いが50000円です。

父子家庭で今後の貯金もしていきたい
のですが、難しい状態です。

国民年金は減免の許可が下りて、
その後支払いはしていない状態です。

なんとか減額することは
できないでしょうか?



回答

まずは、国民健康保険料が
毎月5万円近くの支払になり

貯金するのも厳しい環境の中、
私のホームページをご覧になって、

お悩みを聞かせていただき
ありがとうございます。



なんとか減額・・・
という意味の中には、
含まれますが、

国民健康保険料を節約する
ひとつの方法として

「起業する」

という選択肢があります。



が、一般的に
「雇用されている立場」から

厳しい環境に変化する
と考える人が多いので
現実的でないと考えます。



国民健康保険料の節約に
関しては、大変申し訳ございません。


現在、雇用されているお立場である
と考えますので、

お力になれないことは、
国民健康保険料の節約を考える会の
ホームページのとおりです。

過去2500人以上、お聞きしたお悩みのうち
15つの内容を厳選してこちらのページでまとめております。

国民健康保険料のお悩み15選にお役に立つ情報が、含まれていれば幸いです。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2010-2011  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別