国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成23年1月22日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成22年)の情報をお伝えします。


2011年01月22日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成23年1月22日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みを
5年間で、2500人以上お答えしてきました。

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。


(66歳) ごろう さん




ペンネーム  ごろう さん 66歳
からメールをいただきました。

2829&2830人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況: 毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人): 払っていません。
仕事の状況: 個人事業主
家庭の状況: 配偶者は扶養から外れてます。



国民健康保険のお悩み :


保険料は前年の所得で決まると思われますが、
株式投資(分離課税)でかなりの損失が出た場合、
その損失分は保険料の算出基礎となる所得から
差し引かれるのでしょうか。

所得税の場合は、差し引かれないと思いますが。


回答

株式投資の損失は、

【事業】所得のような【総合所得】と一緒にされず、

分離されて税額が計算されます。

したがって、国民健康保険税の
計算においても、

ごろうさんが、示しておられる考え方で、
正しいと考えます。

気になるのであれば、
まよわず、役所に電話で
確認されることをおすすめします。










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2010-2011  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別