国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成23年12月18日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成23年)の情報をお伝えします。


2011年12月18日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成23年12月18日の問い合わせ

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。


(57歳)ゆりぽんさん




ペンネーム  ゆりぽんさん  57歳
からメールをいただきました。

2988人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況): 毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人): 毎月支払っています。
仕事の状況: 会社員
家庭の状況: 独身です。


国民健康保険のお悩み

お世話になります。
兵庫県芦屋市に10年余り在住。

会社の社会保険に加入していましたが、
病気で退職。国保になりました。

一昨年からパートで勤めはじめ、
昨年の年収は247万円でした。

芦屋市は国保料、月に¥25000円を
8ヶ月支払うことになります(年間20万)

それでも高いと思っていましたが、
今年10月末に芦屋市から神戸市に転居しました。

驚いたのが、年収247万円に対して
月に¥43000円を10ヶ月支払うとのこと(年間43万円)
何かの間違いではと思い、区役所の窓口に行くと
市によって国保料は違います。

神戸市は日本一ではないが
保険料が高いです!と言われました。

家賃の安いところを求めて神戸市に転居してきて、
こんなに高額の国保料を支払わなければいけないとは。

すごく悩んでいます。

再度引っ越しを考えています。

芦屋の他に阪神地区で
国保料の安い市はないものでしょうか。

よろしくお願い致します。


回答

まずは、ご回答が、
遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

私のホームページに
ご興味を持っていただき
ありがとうございました。

通常は、自分で調べてください
という回答をするのですが、


最近、以前ほど、国民健康保険の算定式を
調べる機会が、少なくなったため

そして、私にもなじみの地域であることから
お調べいたしました。

独身であり、介護保険料の負担者で
いらっしゃいますので、比較するポイント

として、今回のケースでは、一番重要と考えられる、
所得割の料率に、しぼって調べてみました。


まずは、神戸市役所は、他の市町村と
異なる方法で国民健康保険料を算定していますので

下記に記していませんので
ご了承いただきたいと存じます。

料率の低い順から阪神地区と思われる
市名をお伝えします。


宝塚市<芦屋市<明石市

 <西宮市<伊丹市<豊中市<大阪市


こんな感じですね。


ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2010-2011  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別