国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成24年1月16日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成24年)の情報をお伝えします。


2012年01月16日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成24年1月16日の問い合わせ

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

*** 3000人突破 ***



本日は、つぎの 3名です。


(30歳)  はな さん

(54歳)  ヒデシ さん

(43歳)  ゆうすけ丸 さん




ペンネーム はな さん 30歳
からメールをいただきました。

2998人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況):毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人): 毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者): 毎月支払っています。
仕事の状況:会社員
家庭の状況:妻と子を養ってます。


国民健康保険のお悩み

主人の父の合資会社で
旦那は働いています。

自営とゆう形で、国保に入っているのですが、
給料45万に対し、国保料は毎月56,000円です。

(専業主婦、子供二人含め)

厚生年金、国民年金も入っていないので、
老後の為に貯金したいのですが、
この国保がかなり家計を圧迫しています。

節減方法は、やはりないのでしょうか?



回答

長らくお待たせ致しました。

2012年3月16日より再開
いたしました。

お悩みを聞かせていただき
ありがとうございます。

まずは、回答が大変遅くなりました
ことをお詫び申し上げます。


さて、本題ですが、現在
給与を受け取っておられるため
私が、主にお伝えする方法は、
使えませんが・・・


たくさんある国民健康保険料を節約する方法
のひとつの手法として、そのひとつ

「起業する(個人事業主になる)」

という選択肢があります。
その環境を十分活用し、
必要経費を検討し、所得を現状よりも
下げることに成功すれば・・・
ということを節約のヒントとして
お伝えいたします。


「雇用される立場」から「業務委託を受ける業者」へ
変えてもらうと言うほうが、イメージしやすい
という方もいらっしゃいます。


一般的に「雇用されている立場」から

厳しい環境に変化する
と考える人が多いので
現実的でないと考えかたかも知れません。

ただし、はなさんのケースでは、
身内が法人の経営者ということで
ありますから、そのあたりは、
柔軟に対処が可能なのかもしれませんね。



国民健康保険料の節約に
関しては、大変申し訳ございません。


現在、身内の方が経営される法人とはいえ
雇用されているお立場であることは、
確かなことであると考えますので、

お力になれないことは、
国民健康保険料の節約を考える会の
ホームページのとおりです。

過去2500人以上、お聞きしたお悩みのうち
15つの内容を厳選してこちらのページでまとめております。

国民健康保険料のお悩み15選にお役に立つ情報が、含まれていれば幸いです。











ペンネーム ヒデシ さん 54歳
からメールをいただきました。

2999人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況):毎月3〜4万円
国民年金の状況(ご本人):毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者):払っていません。
仕事の状況:個人の事業主です。
家庭の状況:妻と子を養ってます。


国民健康保険のお悩み

一昨年まで株式会社を経営してましたが、
取引先に騙され会社を乗っ取られました。

昨年から、心機一転、
職人として人生をやり直してますが、
一昨年の確定申告をしていません。

現在、一昨年の娘の収入での
国民健康保険料を月34,600円支払っています。
(持ち家なので固定資産割も有り)

娘も昨年職を失い、現在フリーターです。

これから昨年の確定申告をすると、
毎月4万円以上の国民健康保険税が
課せられると思いますし、

一昨年の確定申告もすると追徴税が発生すると思います。

現在、仕事はありますが、毎月収入は安定していません。
これ以上、国民健康保険税が増えると生活できません。


回答

長らくお待たせ致しました。

2012年3月16日より再開
いたしました。

お悩みを聞かせていただき
ありがとうございます。

まずは、回答が大変遅くなりました
ことをお詫び申し上げます。


また、現在の状態について
お聞かせいただき、ありがとう
ございました。


実は、私が主にお伝えする
国民健康保険の節約方法は、
稼いでいるは大黒柱は、
家族のうち一名という条件で
構築しております。


そのため、お聞かせいただいた
家族構成では、将来のことも考えると

(収入を稼いでいる人は1名など)

単純に当てはめることが
できない状況ですね。


仮に節約の環境を
整えることができたとしても、

娘さんが、社会保険が未完備の就職先に
再就職する可能性があるため、稼いでいる人が

一家に2人以上になる場合も
考えられますので、詳しい

ご案内は、控えたいと考えます。


現在、実際に確定申告を行った時に
納税が発生する状況であると仮定すると

確定申告していないことは、
税理士としても望ましいとは
いえませんが、


毎月4万円ほどの
国民健康保険料の負担が

余裕をもって支払える経営者に
なられる日を願っております。

ご相談、ありがとうございました。





ペンネーム ゆうすけ丸 さん 43歳
からメールをいただきました。

3000人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況):毎月3〜4万円
国民年金の状況(ご本人):毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者):毎月支払っています。
仕事の状況:個人の事業主です。
家庭の状況:配偶者は扶養から外れてます。


国民健康保険のお悩み

お世話になります。

お忙しい時期かと思いますが、
ご相談させていただきたいと思います。

国民健康保険料が毎年上がっていき、
悩んでおります。

現在は月に38000円払っています。

妻は年収150万円台で
子供が高校3年生を頭に3人おります。

所得は少ないのに
なぜ高いのかよく分からないまま
支払っている状態です。

よい方法があればご教授頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。


回答

長らくお待たせ致しました。

2012年3月16日より再開
いたしました。

お悩みを聞かせていただき
ありがとうございます。

まずは、回答が大変遅くなりました
ことをお詫び申し上げます。


また、現在の状態について
お聞かせいただき、ありがとう
ございました。


>妻は年収150万円台で

この部分が、120万円台
に調整可能ということであれば・・・
節約の見込ありということを
まずは、お伝えいたします。


しかし、現実問題として
30万円収入が減って、
そこそこ節約できても・・・

という結論では、ゆうすけ丸さんに
満足頂くことは、ありえない
と考え、詳しい内容をお伝えすることは
控えたいと考えます。



> 配偶者も同じ国民健康保険証を使用している。


と、ご登録いただいたケースでは、

仮に国民健康保険料を負担されている
ご本人さんの保険料が、節約できたとしても、

扶養から外れている配偶者については、
従来通り、国保に加入し続けることになります。


そのため、私が主にお伝えする方法が
活用できませんので、この場を借りて
お力になれないことをお伝えしたい
と存じます。


お悩みを聞かせていただき
ありがとうございました。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2012-2013  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別