国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成24年2月11日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成24年)の情報をお伝えします。


2012年02月11日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成24年2月11日の問い合わせ

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。


(26歳)  ギズモ さん



ペンネーム ギズモ さん 26歳
からメールをいただきました。

3009人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況:毎月1〜2万円
国民年金の状況(ご本人):毎月支払っています。
仕事の状況:会社員
家庭の状況:独身


国民健康保険のお悩み

毎月義務だと思い払い続けてきたが
改めて考えると高すぎる。

滞納すると延滞金等取られ
差し押さえがあると聞いたので
払うしかないと思っていた。

合法的に安くできる方法は
ないものでしょうか?


回答

長らくお待たせ致しました。

2012年3月16日より再開
いたしました。

お悩みを聞かせていただき
ありがとうございます。

まずは、回答が大変遅くなりました
ことをお詫び申し上げます。


さて、本題ですが、現在
給与を受け取っておられるため
私が、主にお伝えする方法は、
使えませんが・・・


たくさんある国民健康保険料を節約する方法
のひとつの手法として、そのひとつ

「起業する(個人事業主になる)」

という選択肢があります。


その環境を十分活用し、
必要経費を検討し、

現状の所得よりも
下げることに成功すれば、

一般的に【国民健康保険料】の中で
一番大きい部分を占めると言われている

【所得割】の部分が・・・


ということを節約のヒントとして
お伝えいたします。


余談です。


ただし、たくさんの相談を
受けている立場として、
感じたことをお伝えします。


もし、自分自身が、
月1万円〜2万円を
高いと感じるとすれば、

100円均一で買い物することが
当たり前になってしまい

スーパーマーケットで
売られている商品を見て、
高いじゃないか・・・

と、言いたくなるような感覚
と似ているかも・・・と感じました。


さて、話を戻しましょう。


「雇用される立場」から
「業務委託を受ける業者」へ

変えてもらうと言うほうが、

イメージしやすい
という方もいらっしゃいます。



一般的に「雇用されている立場」から

厳しい環境に変化する
と考える人が多いので
現実的でないと考えかたかも知れません。



国民健康保険料の節約に
関しては、大変申し訳ございません。


現在、雇用されているお立場である
と考えますので、

お力になれないことは、
国民健康保険料の節約を考える会の
ホームページのとおりです。

過去2500人以上、お聞きしたお悩みのうち
15つの内容を厳選してこちらのページでまとめております。

国民健康保険料のお悩み15選にお役に立つ情報が、含まれていれば幸いです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2012-2013  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別