国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成24年6月19日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成24年)の情報をお伝えします。


2012年06月19日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成24年6月19日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みを
7年目で、3000人以上お答えしてきました。

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 3名です。



(52歳)  mimo さん

(31歳)  チワワ さん

(42歳)  フミヤ さん




ペンネーム  mimo さん 52歳
からメールをいただきました。

3051人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況 : 毎月1〜2万円
国民年金の状況(ご本人): 毎月支払ってます。
国民年金の状況(配偶者): 毎月支払ってます。
仕事の状況: 個人の事業主です。
家庭の状況: 配偶者は、扶養から外れてます。
妻と子を養ってます。



国民健康保険のお悩み

お世話になります。
咋日、納入通知書が送られてきました。
かなり驚きましたが455,080円で昨年の倍以上です。

年金は毎月払っていますが、過去の分を追いかけるように払っています。
軽減できますと嬉しいのですがいかがなものでしょうか? 

宜しくお願い致します。


回答

私のホームページに
興味をもっていただき、
ありがとうございます。

>咋日、納入通知書が送られてきました。
>かなり驚きましたが455,080円で昨年の倍以上です。

ということは、
毎月の国民健康保険料の負担は、

約45万円÷12ヶ月で
約4万円と考えられますね。

しかし、ご登録内容を拝見すると、

>毎月1〜2万円支払っています。

となっております。



さて、本題です。

毎月1〜2万円の国民健康保険料を
支払っていたのは、平成23年と仮定して
お伝えしたいと存じます。


現在、奥様が扶養から外れて
おられますが、ご夫婦で同じ
国民健康保険証を使用されている
ことを拝見しました。


この場合、結論としましては、

私が主にお伝えしている手法は、
稼ぎ頭が、一家にひとりであるという
前提で、行う手法のため

ご主人(mimo)の国民健康保険に関する問題は、
解決するのですが、

ご主人の奥様だけは、
従来通り、国保に加入し続けるという
状態に変化します。

つまり、奥様は、ご自身の収入に対する
国民健康保険料を支払続けることに
なります。


そのため、mimo さんのご家族のお悩みが
総合的に、解決するかどうかは、
なんとも言えない状態です。



仮に、現在の奥様の給与収入が
扶養認定を受けることができる範囲の収入

つまり、年間120万円程度に
調整することが可能であれば、

逆に、国民健康保険の節約効果は
十分見込めると考えます。


ただし、節約が見込めても
肝心の収入が減ってしまっては、
全体的な効果は無いと言えます。



お聞かせいただいた内容だけでは、
国民健康保険の節約を見込める
ということを断言できませんが、

念のため、私が、節約見込があると感じる方に限り、
お伝えしているを「15人の節約事例」(無料)を
ご案内したいと考えます。


前提となる重要な条件は、
奥様が、ご主人の扶養家族として認定受けることができる
収入の範囲(年間約120万円)であるということです。



既に、個別のご案内メールを
お送りいたしました。



お悩みを聞かせていただき
ありがとうございました。







ペンネーム  チワワ さん 31歳
からメールをいただきました。

3053人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況: 毎月3〜4万円支払っています。
支払いができず滞納中です。
国民年金の状況(ご本人): 免除を受けています。
国民年金の状況(配偶者): 支払いが不規則。
仕事の状況 : 個人の事業主です。
家庭の状況 : 妻と子を養ってます。



国民健康保険のお悩み

はじめまして。
相談宜しくお願いします。

2011年4月から個人事業主【塗装業】を営んでいますです。

妻と子供がおりますが、妻は扶養内でパート、
子供は保育園に預けています。

(2011年は2010年の収入が訳あって
 極端に少なく非課税だった為、

 保育料4,000円、国保6,000
 ※納付相談後の金額です。
 税金は非課税でした。     )

今回国民健康保険料が月37,000円で通知が来ました。

その他に所得税約80,000円(一括支払済)、
道市民税約175,000円、保育料25,000円と
昨年より月に換算すると約83,300円支払いが増えました。
それに国民年金夫婦2人分足すと
(今年から支払う予定です。)113,260円・・・・

とにかく毎月37,000円も国民健康保険は
支払えないので区役所へ納付相談へ。

すると、生命保険月30,000円も支払っているなら
納付困難とはみなせないので
毎月37,000円支払ってください。

そうでなければ8月より10割負担になる可能性もありますと・・・・
※生命保険は危険で不安定な業種なので
医療保険と所得保障の保険は必須と考えております。

再度納付相談へ行こうかとも考えておりましたが、
プロの方から見ても私の場合は
どうにもならないケースなのでしょうか?

(納付相談ではどうにもなりませんと言われてますが・・・)

ちなみに、毎月20,000円節約できたら
年金を支払いたいです。



回答

塗装業のお仕事、
おつかれさまです。

夏場は、とても過酷な環境で
お仕事をされているのではないかと
存じます。


また、そのようなご心境の中、
国民健康保険料の支払が困難となり

私のホームページに、ご興味を
持っていただきありがとうございます。



さて、チワワ さんが国民年金を支払っていない
ため、お聞かせ頂いた状況では、
国民健康保険料の節約は、限定的と
考えますが、節約の効果は、あると考えます。

毎月37000円ということは、
一応、年間の国民健康保険料は

37000円✖12回=約44万円
と仮定して、お伝えします。


お住まいの市町村によっては、
年10回払い、年8回払い、等々
ありますので、この場合は、
1ヶ月当たりの負担は、少なくなります。


念のため、年何回払いなのかを
ご確認いただきたいと存じます。


また、今年から、年金の支払いを
再開されるということを考慮すると

国民年金を支払っている状態であれば
月2万円の節約は、感じていただけると考えます。



既に、個別のご案内メールを
お送りいたしました。


ご希望であれば、15人の成功例(無料)を
ご覧になって頂きたいと存じます。


メールでのお返事をお待ちしております。
ご相談、ありがとうございました






ペンネーム  フミヤ さん 42歳
からメールをいただきました。


3054人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況: 毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人): 払っていません。
仕事の状況 : 会社員です。
家庭の状況 : 独身です。


国民健康保険のお悩み

今現在月七万七千を支払って養育費も払って
もういっぱいいっぱいで苦しくて…
自殺まで考えてしまう…毎日です

借金も抱えているので収入が増えたらそれだけ保険料が増え苦しくなる一方です

なんとか少しでも節約できれば…

アドバイス頂きたくメールしました



回答

会社員として
お勤めお疲れ様でございます。

私のホームページに、
ご興味をもっていただき

お悩みを聞かせて
頂ありがとうございます。


ご希望に添えなくて、
大変、申し訳ございません。

私が、主にお伝えする手法は、
個人事業主を対象にお伝えしております。

そのため、節約に関する詳しい内容は、
控えさせて頂きたいと思います。


別の言い方をすると
雇用契約から、業務委託契約に変更して
個人事業主の立場になることが
できれば、私が、主お伝えする手法を
使える条件を満たすことになります。


しかし、一般的に、個人事業主よりは
経済的に安定していると考えられてい
会社員としての立場を失うことになりますので
現実的な選択肢ではないと考えます。


現在、会社員として、
勤務先から給与をいただかれている
フミヤさんのお立場では、

国民健康保険料の節約に関しては、
私は、力を発揮できませんので
大変申しわけございません。


私としては、お力になれないことは、
国民健康保険料の節約を考える会の
ホームページのとおりです。



過去3000人以上、お聞きしたお悩みのうち
15つの内容を厳選してこちらのページで
まとめております。

国民健康保険料のお悩み15選お役に立つ情報が、
含まれていれば幸いです。


ありがとうございました。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2012  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別