国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成24年8月27日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成24年)の情報をお伝えします。


2012年08月27日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成24年8月27日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みを
7年目で、3000人以上お答えしてきました。

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。



(50歳) Ken さん


ペンネーム Ken さん 50歳
からメールをいただきました。

3091人目のお問い合わせですね


国民健康保険料の状況:毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人):払っていません。
国民年金の状況(配偶者):払っていません。
仕事の状況:法人経営者
家庭の状況:妻と子を養ってます。


国民健康保険のお悩み

昨年まで、会社を経営する傍ら、大学で教えており
大学から私学共済保険をもらっていました。

大学を辞めたのを機会に国民健康保険に入ったのですが、
品川区では、年間80万円を請求されてしまいました。

子供三人が私学に通う中で夫婦の年収が
800万円あっても厳しい状況です。

少しでも健康保険代を下げたいと思い
相談させて頂きました。

国民年金に加入していないのは、
長い間海外に暮らしており加入のチャンスを
逃してしまったためで、
また数年後には海外に出る予定です。

ニュージーランドの永住権を持っており、
将来はそちらでそちらの年金で暮らすつもりです。

とにかく今の健康保険代を減らしたいのですが、
よろしくお願いします。


回答

お悩みを聞かせていただき
ありがとうございます。

国民健康保険のことよりも
「ニュージーランドの永住権」という
メッセージに興味をそそられてしまいました。

大変申し訳ございません。
税理士の堀井昭彦と申します。


>品川区では、年間80万円を請求されてしまいました。


品川区のワームページで確認すると
品川区では、国民健康保険料の上限が
紹介されているページに

国民健康保険料 65万円 
介護保険料  12万円

○合計 77万円が、最高額と記載されていますね。


国民健康保険の節約方法は、複数あります。
私が主にお伝えしている手法は、そのうちのひとつです。

手法については、無料レポートで
そのヒントを紹介しております。


そして、私が採用しているその方法は、いくつか、
重要な前提条件を満たす必要が、あります。

そのひとつ、最も重要な内容をお伝えしておきます。

それは、必須の条件として、
妻である奥様の給与収入が、
1年間約120万円に収まっているということです。



お悩みのご登録当時に お聞きした項目の中で

【専従者給与】という言葉を
奥様に支給する役員報酬(または従業員給与)と
読み替えて、ご登録いただいたと考えます。



そのため、大変申し訳ございません。

>今の健康保険代を減らしたい

というKenさんのご希望に力を発揮することが
できないことをお詫び申し上げます。




奥様に支給する役員報酬(又は従業員給与)を減らすことで
ご主人の事業所得が増加することで
結果、一家の納税額が増加するのかどうかは、
現在、分かりませんが・・・


最後に、私から念のためお伝えします。

参考として、過去3000人以上、お聞きしたお悩みのうち
15つの内容を厳選してこちらのページでまとめております。
国民健康保険料のお悩み15選

お役に立つ情報が、
含まれていれば幸いです。


ご相談、ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2012  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別