国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成25年2月26日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成25年)の情報をお伝えします。


2013年02月26日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成25年2月26日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 8年目になります。


現在まで、3000人以上お答えしてきました。


所得税の確定申告のため、しばらくお休みしておりましたが
いただた ご相談について、回答を再開いたしました。


さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。


(31歳) RC さん


それでは、本日の相談と回答をご紹介いたします。



ペンネーム RC さん 31歳
からメールをいただきました。

3121人目のご相談になりますね。



国民健康保険料の状況:毎月4万円以上
毎月1〜2万円
国民年金の状況(ご本人):毎月支払っています。
仕事の状況(フリー10): 業務委託契約で仕事してます。
(確定申告のときに決算書を作成しています)。
家庭の状況:独身


国民健康保険のお悩み

はじめまして。
突然のメールで恐縮なのですが、


勤めている方や、起業されている方とも
また少し違う形なので、
何かアドバイスなど頂けないかと、
ブログを拝見させて頂きご連絡させて頂きました。
宜しくお願い致します。


現在、音楽関係の仕事をしていまして、
印税収入が主のため、
毎年の収入額が大分変わっています。

(例えば、昨年は200万程度だったものが、
今年は1000万になります。)


そこで、所得税は平均課税の制度を使いまして、
良心的に収めることができるのですが、、
国民保険料と市県民税は、
どうにもすることが出来ないものなのでしょうか??


さすがに、不安定な仕事なために、
国民保険料を満額近い金額を払わないといけないことに、
不安以上に憤りを感じてしまいます。。


お忙しいとは思いますが、今後の為にも、
何か良いアドバイスを頂ければと思いますので、
何卒宜しくお願い致します。



回答

国民健康保険のお悩みを
聞かせて頂き、ありがとうございました。

回答をお待ちいただき
ありがとうございます。


国民保険料を満額近い金額を
払わないといけないこと

= 不安以上に憤り

このことをいったん横に
おいていただきたいと考えます。


「国民保険料を満額近い」というのが

何とも微妙な表現なのですが、


いったんこのように考えて

いただきたいと考え、順に、お伝えいたします。


「 国民健康保険は、保険料の負担が

 過度にならないよう、1年間に限度額(満額)

 が、決められています。



 限度額の一例  年間65万円



 そのため、

 決められた計算式で計算された国民健康保険が、

 限度額(満額)超える場合の支払金額は・・・

 超えた部分については、無しということなにます。


 俗っぽい表現をするなら

 いくら稼いでも、限度額以上増えることが無い 」



さて、これらの内容は、

RC さんにとって、感謝する配慮でしょうか

それとも、憤りを引き起こす配慮でしょうか・・・



ひとつ言えるのは、

RC さんは、この配慮に近い所得水準であり

別の表現をするとこの恩恵を受けられる近くに

いらっしゃるのではないか・・・と考えます。



ご相談いただきありがとうございました。

RCさんのますますのご発展を祈願いたします♪



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2013  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別