国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成25年3月13日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成25年)の情報をお伝えします。


2013年03月13日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成25年3月13日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 8年目になります。


現在まで、3000人以上お答えしてきました。


所得税の確定申告のため、しばらくお休みしておりましたが
いただた ご相談について、回答を再開いたしました。


さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。


(30歳) ほーじ さん


それでは、本日の相談と回答をご紹介いたします。



ペンネーム ほーじ さん 30歳
からメールをいただきました。

3123人目のご相談になりますね。



国民健康保険料の状況:毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人): 毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者): 毎月支払っています。
仕事の状況:個人の事業主です。
家庭の状況:妻と子を養ってます。


国民健康保険のお悩み

はじめまして、大阪府在住の
自営業システムエンジニアです。

「国民健康保険料 節約 お悩み相談室 
平成23年3月28日の問い合わせ」

しろさんとほぼ同じ状況であり、
ご連絡させていただきました。

(金額は少し違って、

基礎控除後の年間所得が400万円強、

年間65万円国保に支払っております。)


やはり同様に色々調べてみたのですが、
現時点でも自営業システムエンジニアが
加入できる健康保険組合が見つからず、
途方にくれておりました。


また今年も高額な納付書が届くと考えると・・・
どこかでみたWEBのタイトル「国保に殺されるっ」が
頭をよぎります。

金額を軽減できるよい手立ては
ありませんでしょうか?


お忙しいところ大変申し訳ございませんが、
ご回答をお待ちしております。


回答

国民健康保険のお悩みを
聞かせて頂き、ありがとうございました。

文中に「システムエンジニア」の言葉が
ございましたので、念のためお伝えいたします。

私が主にお伝えする手法を用いて
ご一緒に国民健康保険の負担を
節約されている方の中で、


一番多い 業種・職業が

実は、この「システムエンジニア」の仕事を

されている方々です。


余談ですが、最も、昔に参加された
システムエンジニアの S さん は、

平成18年3月からのお付き合いが
始まり、現在も、継続しています。


さて、本題ですが、お聞かせいただいた
現状の国保の負担、年金の負担であれば

主に私のお伝えする手法を活用して
節約効果が、見込めると考えます。


お悩みの入力の際に
フルネームをご登録いただき
ありがとうございます。


既に、個別のご案内メールを
お送りいたしました。



詳しい話を聞いてみたい
というご希望であれば、

メールにて、お返事を
いただきたいと存じます。


15人の節約事例(無料)を
ご覧になって頂きたいと存じます。


国民健康保険料の負担が、
少しでも、軽減されるイメージを
もっていただければ幸いです。


ご相談、ありがとうございます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2013  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別