国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成25年8月3日の問い合わせ 2人目について
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成25年)の情報をお伝えします。


2013年08月03日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成25年8月3日の問い合わせ 2人目

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 8年目になります。


現在まで、3000人以上お答えしてきました。


さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 


本日は、つぎの 1名です。


( 50歳) はる さん



それでは、本日の相談と回答をご紹介いたします。



ペンネーム   はる さん  50歳
からメールをいただきました。

3173人目のご相談になりますね。



国民健康保険料の状況: 毎月4万円以上
国民年金の状況(ご本人): 毎月支払っています。
国民年金の状況(配偶者): 毎月支払っています。
仕事の状況: 個人の事業主です。
家庭の状況: 妻と子を養ってます。


国民健康保険のお悩み

自営業で確定申告しました。
SEの個人事業で都内で単身生活しています。


都内との交通費は経費であげていますが、
アパート代を経費にあげるべきだったと後悔しています。


当面のこの4万代の支払いを
なんとかできませんでしょうか?


回答

長時間、回答の発表をお待ちいただき
ありがとうございます。

平成17年から始めた国保の無料メール相談ですが
平成25年の夏をもって、ひとつの節目を迎えた

ため、回答の発表が遅くなりましたことを
お詫び申し上げます。


アパート代の経費については、
今からでも、年内であれば、堂々と
経費として申告し直すことができます。

変更後の内容で改めて、市役所が
国民健康保険料の算定をしてくれますので
後悔するには、早いと考えます。

ただし、確定申告書の内容が変更になるため
税務署からの問い合わせのがあり
内容を説明を求められる・・・
という可能性があります。

このような、心づもりを持ったうえで
ご判断いただきたいと存じます。



お悩みを聞かせせていただき
ありがとうございます。


はる さん の現況を
教えていただきありがとうございます。


以前であれば、すぐに、
国民健康保険料の負担が軽減される方法として

主に私のお伝えする手法を活用すると
節約効果が、見込めると考え、お伝えしていました。


大変申し訳ございません。


現在、国民健康保険の節約に関するご相談に限っては、
積極的に お話しできない状態になりました。
 
理由は、平成17年から募集を始めた、
私と 一緒に国民健康保険を節約できる
メンバーを募集の定数が、満員御礼となったためです。


SE を本業とされている人も
約10名ほど参加されています。


次の募集時期は、未定です。


私からのお悩みの解決につながる回答を
お伝えすることができないのが、心苦しいですが、

メンバー募集の空き枠が出れば
(キャンセル待ちの仮申込)
相談したいということであれば、
こちらよりご登録いただきたいと存じます。


国民健康保険でお悩みの貴方に特別なご案内をお送りするための登録フォーム


ご相談、ありがとうございます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2013  AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別