国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成26年12月10日の問い合わせについて
あなたに、平成17年7月1日から始め、平成23年3月16日までに問い合わせを頂いた相談件数は、3000人を突破いたしました。税理士堀井昭彦から国民健康保険 お悩み相談室(平成26年)の情報をお伝えします。


2014年12月10日

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成26年12月10日の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 9年目になります。

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

昨年夏ごろに相談の回答を控えておりましたが
この春より再開いたしました。


さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 



本日は、ペンネーム   きょうママ さん  26 歳
からの相談メールをいただきました。

3261人目のご相談になりますね。



国民健康保険料の状況: 毎月2〜3万円支払っています。
国民年金の状況(ご本人): きちんと支払ってます。
国民年金の状況(配偶者): きちんと支払ってます。
仕事の状況: 求職活動中です。
家庭の状況: 配偶者は、扶養から外れています。



国民健康保険のお悩み


主人の扶養に入れない状態です。

主人の転勤で止むおえなく退職をしました。

退職後、子供がまだ小さいため働くことができないので、
雇用保険期間延長をしましたが、
それでも主人の会社の扶養にはなれませんでした。

今は失業保険をもらう際中ですが、
国民健康保険料が24000円と聞いているため高いと思い、
国民健康保険に加入するか迷っています。

必ず国民健康保険に
加入しなければならないのでしょうか?


回答

この度は、お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。

失業手当を受けている間、
一定の金額以上の収入がある場合
扶養家族の認定を受けることが
できないのは、事実ですね。

この手当を受ける期間か終了し、
以降、特に収入が無ければ、
扶養家族の認定を受けることが
できると考えます。


>必ず国民健康保険に
>加入しなければならないのでしょうか?

国民は、何らかの公的な健康保険制度に
加入しなければならないという規定は、あります。

「国民皆保険制度」と呼ばれています。

が、それは、国民健康保険であるという
規定にはなっていませんね。

きょうママ さん が、今すぐにでも
国民健康保険の保険証が必要だ
というのであれば、お金には、代えがたい
状況のため、手続を急ぐ必要があると感じますが

そうでなければ・・・



さて、改めまして、お悩みを詳しく
聞かせて頂き、ありがとうございます。

国民健康保険の節税については、
ご希望に添えなくて、大変、申し訳ございません。

節約をはじめとして、国民健康保険に関する
詳しい内容は、控えさせて頂きたいと思います。


私が、主にお伝えする手法は、
個人事業主を対象に、お伝えしています。

給与を受け取っておられる お立場のため、
私は、国民健康保険料の節約について、
力を発揮できません。


大変申しわけございません。


私としては、力を発揮できない理由は、
国民健康保険料の節約を考える会の
ホームページのとおりです。


過去3000人以上、お聞きしたお悩みのうち
15つの内容を厳選してこちらのページで
まとめております。

国民健康保険料のお悩み15選お役に立つ情報が、
含まれていれば幸いです。


ありがとうございました。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2014 AkihikoHorii 
無断で転載、引用を固く禁じます。
堀井昭彦税理士事務所
http://www.tax-123.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


税理士 堀井 昭彦
blogyou20120921
最新問い合わせ
月間別